ラーメンブログの情報を結集した、真に「今行きたい話題のラーメン店」の情報がまるわかり!

自家製麺 ほうきぼし 関内セルテ店

住所:神奈川県横浜市中区真砂町3-33 :[Y!地図]

    最寄駅(駅名をクリックすると駅別ランキングが表示されます)
  1. 関内駅
    1. JR根岸線
    2. 横浜市営地下鉄ブルーライン
  1. 汁なし
  2. 新店
  3. 担々麺
  4. 駅前
【宅配水シェアNo.1のアクアクララ】新規ウォーターサーバー申込促進

最新記事トップ11

[85点] 汁なし担々麺@ほうきぼし 関内セルテ店 07月14日
6/29 11:00。 神田店では台湾混ぜを食べたことありますが汁なしは初食。 しかも関内駅前にお店が出来て嬉しいです。 辛さシビはほどよく、揚げ麺のカリカリがいい食感を生み出してました。 豆乳担々麺も気になりました。…
[75点] 特製豆乳担々麺@ほうきぼし 関内セルテ店 07月11日
【要約】ちょっと変わった濃厚な担々スープを楽しむ一杯。特製トッピングはなくても良かったか。 【入店状況】1821入店。先客なし、後続1名。 【注文】特製豆乳担々麺(1120円)。特製とは言え強気の価格が興味を惹く。店員に確認すると、チャーシューと味玉がつく…
[84点] プレミアム豆乳担々麺 900円@ほうきぼし 関内セルテ店 07月08日
こちらも新メニュー投下です。 オープン直近は汁なしの提供のみでしたが 汁ありの担々麺も提供開始しています。 ちなみに美人店主は現在この店舗に 出入りしているのかは不明です(笑) 「プレミアム豆乳担々麺」 店主がいなくても店員さんも美人さんですねー(笑)…
ほうきぼし関内店@横浜市中区真砂町 06月11日
汁なし担々麺(880円) 平成30年6月1日オープン】 ハマスタ2連戦の後は、やっぱり〆のラーメンでしょう(笑) 本日のお店は、突如現れた関内ラーメン横丁の一軒、ほうきぼし関内店@横浜市中区真砂町です。 関内ラーメン横丁、正直、最近まで存在自体を承知…
関内ラーメン横丁 06月04日
/関内ラーメン横丁/ほうきぼし関内セルテ店にて汁なし担々麺/麺者雄にて鶏白湯 白/唐桃軒にて醤油ラーメン/ 関内駅から徒歩1分のCERTE、その6階に、関内ラーメン横丁(ホームページ)(公式ツイッター)がオープンしました。 2018/4/26に第一弾の「麺…
中華そば 髙野@大口 06月03日
2018年6月1日、大口の新店「 中華そば 髙野 」へ。  2018年5月22日オープン。最先端型鶏清湯を提供するお店。 ナルトもメンマもないけれど。 → ほうきぼし と、関内ラーメン横丁で塩・汁なしの後、醤油をいただきにこちらへw 続きを読む…
汁なし担々麺 ほうきぼし@関内 06月03日
2018年6月2日、関内ラーメン横丁の新店「汁なし担々麺 ほうきぼし」へ。 2018年6月1日オープン。赤羽・神田・茅ヶ崎に支店を展開する ほうきぼし の4号店。お隣の ナルトもメンマもないけれど。 の後、関内ラーメン横丁コンプのトリはこちらでw 続きを…
[88点] 汁なし担々麺 880円@ほうきぼし 06月02日
ラーメン横丁、グランドオープン。 関内駅前のビル、セルテの6階に「ラーメン横丁」と題し 4店舗のラーメン屋が集結。 老舗から地元ローカルの人気店などが軒を連ね、 そして有名店のこちらもテナント出店です。 「汁なし担々麺」 ほうきぼしといえばコレですねー…
唐桃軒@関内 05月13日
2018年5月12日、関内の新店「唐桃軒 へ。  2018年4月26日、関内駅前のCERTE(セルテ)6Fにラーメン集合施設「関内ラーメン横丁 がオープン。当初は唐桃軒、麺者 雄の地元横浜のラーメン店2軒と、立ち呑みラッキーでスタート。6月1日に…
中華 凛凛@赤羽、志茂 04月17日
生姜のらぁめんの後に、本当は板橋のお店を中心にハシゴする予定でしたが、改めて回ろうと判断し、こちらのお店にバスと歩きで向かいます。何となく目の前の公園に見覚えがあったのですが、こちらは移転したほうきぼしがあった場所ですね。店頭ではお弁当も販売してるらしく、…
【ラーメンニュース増刊】4月後半開始のラーメンイベント 04月17日
GWを前にして、またはGWに突入するスケジュールで、ラーメンイベントが次々と行われます。今回は、4月後半に開始されるイベント計6件を紹介します。 1.【4/20ー5/6】 信越麺戦記 Part10 最強首都圏襲来の章 ( 公式サイト ) 今年で10回目を…

Ramenbuzz トップに戻る

about RamenBuzz

「今」話題のラーメン店の情報を発信する、を超えるラーメンブログ・サイトから情報を抽出・集計し、リアルタイムにランキングを提供するラーメンランキングWEBサイトです。各店の話題を取り上げているブログ・サイトへのリンクもしておりますので、話題のお店や、気になるあのお店についての生の声が効率的に入手できます。

RamenBuzzは「ラーメンバズ」とでも読んでください。RamenBuzz各ページへのリンクはどうぞご自由に。

ランキングはコロコロ変わるのが特徴で、集計に利用しているブログ・サイトの内容に左右されますので、普遍的な何かの指標には使わないことをお勧めいたします。

現在地周辺のラーメン店のランキングもご覧になれますので、スマートフォンからのアクセスもお待ちしています。