ラーメンブログの情報を結集した、真に「今行きたい話題のラーメン店」の情報がまるわかり!

必勝軒

住所:千葉県習志野市津田沼2-5-9 :[Y!地図]

    最寄駅(駅名をクリックすると駅別ランキングが表示されます)
  1. 津田沼駅
    1. JR総武線
    2. JR総武快速線
  2. 京成津田沼駅
    1. 京成本線
    2. 京成千葉線
    3. 新京成線
  1. 煮干
  2. つけ麺
  3. 行列
  4. 限定
  5. 魚介

最新記事トップ23

【百麺人コメント掲載】ラーメンwalker2019【福島・千葉・九州】 12月16日
KADOKAWAから、例年恒例の「ラーメンwalker」が発売されています。今年で10周年との事。例年通り、百麺人の一人として、「ラーメンwalkerグランプリ」に投票させていただき、入賞店舗へのコメントを掲載させていただいております。   ま…
[85点] 魚介強調らーめん(金曜のみ)@必勝軒 12月14日
濃縮された魚介の旨みが食欲をそそる。2玉と通常のらーめん屋よりかなり多めなので、満足感は高め。チャーシューも柔らかくすぐ口の中に入れるとすぐとろける。魚介好きにはたまらない1杯だと思う。ごちそうさまでした。次は水曜来ます…
【新店】厳選煮干しらーめん 初代 にぼ助 ー御茶ノ水にオープンした『自家製 熟成麺 吉岡』のセカンドブランドの店で「季節限定 特製らーめん」ー 12月13日
訪問日:2018年12月11日(火)本日のランチは、御茶の水の聖橋口から徒歩2分の場所に、本日12月11日オープンする新店の『厳選煮干しらーめん 初代 にぼ助』へ!こちらの店は、『自家製熟成麺 吉岡』のセカンドブランドの店!どんな煮干しラーメンが出されるの…
自家製熟成麺 吉岡@田端 12月06日
ネームの合間のランチラーメンサイクリングです。 この日は田端まで。「自家製熟成麺 吉岡」さん初訪です。昨年の11月オープン。 目白の「吉岡」の分店になります。 「吉岡」自体は麺にこだわりのある人気店、千葉の「必勝軒」出身とのこと。 券売機には「打ちたての…
津田沼必勝軒系の麺屋清水にて、ガッツリ系の清水で次郎長ラーメンが登場‼️オーション自家製麺、麺量デフォで茹で前300グラム‼️ 12月03日
12月最初の月曜日の朝、おはようございます‼️ 昨日見たボヘミアンラプソディー、ロックは魂だ、バンドは家族だ‼️いろいろと考えさせられる素晴らしい映画でした。 今朝紹介するのは、東池袋大勝軒の孫弟子にあたる、津田沼必勝軒出身の小岩にある、麺屋清水の金曜…
自家製熟成麺 吉岡 田端店@田端 11月30日
訪問日:2017 / 11 訪問回数:初   2017年11月オープンの「 自家製熟成麺 吉岡 田端店 」へ。   こちらは居酒屋チェーン店である、和民の、わたみん家 目白店でランチタイムに間借り営業している自家製熟成麺 吉岡の路面店…
麺処 晴 11月27日
麺処 晴 入谷 特製塩そば 1000円 近くに来たんで評判の良いこちらへ 店名はハルと読むらしい 普通の塩そばが780円で特製にすると 財布の中は1000円札が1枚と小銭が300円ほど 帰りの電車賃も300円あれば大丈夫だし明日が給料日…
【津田沼必勝軒・レジェンド店主の誕生日記念祭を徹底レポ】東池袋と永福町の2つの大勝軒で修業、この日限定のプレミアム中華そばで、お弟子さんとの厨房コラボ!行列待ちは50名超! 11月19日
【津田沼必勝軒レジェンド店主の誕生日記念祭】東池袋と永福町の2つの大勝軒で修業、この日限定のプレミアム中華そばで、お弟子さんとの厨房コラボ!行列待ちは50名超! ・ 2018年11月17日は、津田沼必勝軒、店主小林さん、愛称、こばぴょんの36回目???の…
津田沼必勝軒なう‼️今日は店主の誕生日記念に、お弟子さんも厨房へ‼️店内満席で行列50人超え‼️ 11月17日
今日は津田沼必勝軒で店主こばぴょんの誕生日記念ラーメンイベント‼️ …
[75点] らーめん(並)(700円)@まつおぶし 11月07日
11/6(火)19:30 貸し切り状態 必勝軒の流れを汲むつけ麺 石ばし出身とのこと。どっしりとした鶏豚による動物系の旨味と魚介のコクが広がる。見た目通りの豚魚の真ん中を行く組み立て。煮干しも香るが、エグミの方がやや目立っている。味の濃さの割にはこってりさ…
【寒い冬にあったかいつけ麺が食べたい方へ】「麺屋清水@小岩」の温つけ麺がオススメ!店主は東池袋大勝軒の孫弟子! 10月31日
【寒い冬にあったかいつけ麺が食べたい方へ】「麺屋清水@小岩」の温つけ麺がオススメ!店主は東池袋大勝軒の孫弟子! ご紹介するラーメンは、小岩の「麺屋清水」の温つけ麺(あつもり)プラス50円です。創業は2011年6月19日。 店主の清水さんは、永福町と東池袋…
【津田沼】津田沼 必勝軒 10月19日
午前中は未来屋書店津田沼店のフェア確認とご挨拶で津田沼へ。山路さんにオススメ店を伺い、「必勝軒」に初訪問。千葉拉麺四天王のお一人で、店主のこばぴょんさんは東池袋大勝軒、永福町大勝軒の両方で修行されたという超レアな経歴の持ち主。11:30開店で、11:38に…
必勝軒@津田沼 10月19日
ラーメン+皮ワンタン <850円+100円> 8日昼、店主の軽快なトークを聞きに久々にこちらへ。開店20分前で10人くらいの行列でした。 前回はもりそばだったので今回はラーメンで、皮ワンタンも付けました。 スープは、動物と魚介のオールマ…
【限定】麺屋清水@小岩「鶏中華と熟成麺の新しい出会い」 09月30日
「山形鶏中華」 (900円) ※9/30まで   麺屋清水では、修業した「必勝軒@津田沼」の同門にあたる「吉岡@目白」とのコラボイベントを何度か開催。今週末も開催されていたので訪問。メニューはその時によって様々なものが出てくるが、コラボイベント…
自家製熟成麺 吉岡(田端店)つけ麺 濃厚魚介 09月17日
とどまること知らない東京五輪前までの激回転新築ラッシュ。驚愕連投に拍車かける田端まさかの3現場同時開始で白目剥き。自家製熟成麺 吉岡 田端店2017年11月OPEN。必勝軒流れ汲む目白間借り展開中の吉岡2号店。同門出身の勢力推しながら印象良く現場途中の好立…
[85点] ラーメン(熟成麺中盛・濃厚鶏豚)+味玉@自家製熟成麺 吉岡 田端店 09月12日
必勝軒の味に魅せられた身としては、この濃厚鶏豚は気になって仕方がなかった。近隣勤務の知人から強く推奨を受け、土曜日に鶏豚提供の事実を知る。 慌てて訪問を果たし、手際良く調理された一杯が目前に配される。スープをひと口、そう、こればい。豚骨と鶏がらを大量に、圧…
まつおぶし@中板橋 08月16日
2018年8月13日 283杯目 ラーメン 中 750円】1年前にオープン、店主さんは、津田沼の必勝軒の流れをくむ蘇我の石ばし(なんという良い名前なんでしょう!!!)出身。 いつも日曜日にここのお店のそばに来ているのですが、お店が日曜定休で来たくてもなかな…
【限定】麺屋清水@小岩「自家製麺店の冷やし中華は要注目!」 08月11日
「冷やし中華」 (800円) ※夏季限定メニュー。夏休みは8/12ー8/14。   「必勝軒@津田沼」で修業したご主人による人気店。もちろん自家製麺なので、冷やし中華をやっているのを確認して入店。麺にかけたタレは、酢醤油 のオーソドックスな味付…
[82点] 濃厚魚介らーめん(木曜限定)@必勝軒 08月09日
13時半頃来訪。食券制。満員だったら外の待合室で待っているような仕組み。3人待ち。曜日ごとにスープが変わるみたいで木曜は濃厚魚介スープ。非常に濃厚で麺と絡み美味しい。魚介のだしがふんだんに使われいる印象。麺はちぢれ麺を使用。麺の食感が楽しめる麺でやや硬めな…
麺屋 清水【八】 ー冷やし中華はじめましたー 08月05日
訪問日:2018年8月2日(木)本日のランチは、昨年の1月3日以来、超久々の訪問になる小岩の『麺屋 清水』へ!こちらの店は、千葉県の津田沼にある『必勝軒』で修業した清水店主が、『つけ麺 目黒屋』、『つけめん 石ばし』に続いて、『必勝軒』小林マスター公認の独…
石ばしよ、お前もか!?2018 アカンなー同好会年間表彰候補【つけ麺部門】つけ麺30... 08月01日
石ばしよ、お前もか!? 2018 アカンなー同好会年間表彰候補 【つけ麺部門】 つけ麺300g…800円 つけ麺 石ばし#蘇我 石ばしは、必勝軒直系では一番好きなお店なんよねー 近いから*\(^o^)/* んでも、つけ麺は開店当初に食べたっきりで、久しブ…
煮干し系ラーメンで勝負の新店 【新店】 麺屋 宣候@津田沼 千葉ラーメン 07月26日
津田沼にできた新店、宣候(ようそろう)さんに行きました。7月2日オープンです。場所は、栄昇らーめんさんの前の道をJR津田沼駅方面に少し歩いた左側です。駐車場は、栄昇らーめんさんの前のコインPか、郵便局前のボーリング場のコインPを利用するとよいでしょう。お店…
[65点] ラーメン(オールマイティースープ)@必勝軒 07月15日
見た目は少し寂しく映りますがスープ自体はしっかりとした出汁感のあるスープです。 麺が特徴的で乾麺のような細麺でチープ感があるが、なぜかスープとは合っている。 チャーシューはホロホロタイプだが小さくて残念。 店主のエンドレストークがすごい。…

Ramenbuzz トップに戻る

about RamenBuzz

「今」話題のラーメン店の情報を発信する、を超えるラーメンブログ・サイトから情報を抽出・集計し、リアルタイムにランキングを提供するラーメンランキングWEBサイトです。各店の話題を取り上げているブログ・サイトへのリンクもしておりますので、話題のお店や、気になるあのお店についての生の声が効率的に入手できます。

RamenBuzzは「ラーメンバズ」とでも読んでください。RamenBuzz各ページへのリンクはどうぞご自由に。

ランキングはコロコロ変わるのが特徴で、集計に利用しているブログ・サイトの内容に左右されますので、普遍的な何かの指標には使わないことをお勧めいたします。

現在地周辺のラーメン店のランキングもご覧になれますので、スマートフォンからのアクセスもお待ちしています。