ラーメンブログの情報を結集した、真に「今行きたい話題のラーメン店」の情報がまるわかり!

中華そば 龍の眼

住所:東京都千代田区外神田3-6-5 :[Y!地図]

    最寄駅(駅名をクリックすると駅別ランキングが表示されます)
  1. 末広町駅
    1. 東京メトロ銀座線
  2. 湯島駅
    1. 東京メトロ千代田線
  3. 秋葉原駅
    1. JR山手線
    2. JR総武線
    3. JR京浜東北線
    4. 東京メトロ日比谷線
    5. つくばエクスプレス
  1. 醤油
  2. ワンタン

最新記事トップ10

[75点] 鴨中華(醤油)850円 ランチご飯10円 替玉100円@中華そば 龍の眼 ー第二章ー 09月11日
JR大塚駅とメトロ新大塚駅の中間にある「鳴龍」さんといえば、ミシュラン・ピブグルマンの常連から☆獲得までに至った超有名店であるが故、仕事中に時間を割いてサクッとラー活するスタイルだと長い行列や整理券制だと時間の融通が利かず、実はまだ未訪の宿題店 ※巣鴨の蔦…
19/239 中華そば 龍の眼ー第二章ー:特製鶏中華そば(醤油) 07月17日
今日も遅くまで仕事しなくてはならないが、とりあえずブランチを腹いっぱいで食おう。 親友のリクエストで、​半年ほどぶり​の「​中華そば 龍の眼ー第二章ー​」に入店し、未食の特製鶏中華そばの食券を購入し...…
[80点] ワンタン鴨中華そば 1000円@中華そば 龍の眼 ー第二章ー 07月13日
2019 6土曜 13:15 【八方睨み】 「中華そば 龍の眼~第二章」さんにお邪魔してみた。 鳴龍プロデュース店から独立されたようだが、 以前のクーポンは使えないよね? 東京メトロ銀座線末広町駅から歩いて数分。 到着しますと意外に待ちはなく、 先客4名、…
[74点] 味玉鴨中華そば(¥950)+ご飯(無料)@中華そば 龍の眼 ー第二章ー 06月18日
12:10頃訪問。3名の待ちに接続し、7-8分待ってから着席。店内は適度なスペースを有し、厨房スペースを囲むカウンター席のみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地はまずまず。男性3名による切り盛りで、接客は良好。 本メニューを選択。ご飯無料はラ…
[78点] 山形辛みそ@田中そば店 浅草店 06月10日
中華そば 龍の眼 ー第二章ーとの連食になります。 1軒目を出てから、ぶらぶらと休日の秋葉原ー浅草間を散策。 今はもう暑いレベルですが、この頃はちょうど暖かくなってきた時期なので、 お散歩にはもってこいのタイミングでしたw 混雑する浅草の人波をかき分けている…
[87点] 味玉鴨中華そば@中華そば 龍の眼 ー第二章ー 06月08日
6/8(土)19:25頃 初訪。 以前、伺っていた龍の眼が知らない間に第二章に… 先客2名、後客3名。 店内の券売機にて食券を購入し、カウンター席中央へ。 女性店員さんと店主さんかな?!計2名体制での営業です。 オープンキッチンで調理が良く見え、提供直前に…
[83点] ワンタン鴨中華(塩)@中華そば 龍の眼 ー第二章ー 06月01日
この日は飲み会で秋葉原へのお出かけ。 あまり重たいものは食べられないので、あっさり系のラーメンを探し… かつて創作麺工房 鳴龍プロデュース店ということで人気を博していましたが、 今年に入って独立店へと変わられたようですね。 ラーメンは鶏と鴨、それぞれ醤油と…
中華そば 龍の眼@末広町 04月25日
2018年9月7日/中華そば 龍の眼/末広町/中華そば+ワンタン(3ケ)/750円+150円※現在は『鳴龍』のプロデュースではないようです あくまで当時のアーカイブとしてお読みください今年の秋も湯島で「第7回ねこまつり」が開催されますよーっ!(駐車場に停め…
中華そば 龍の眼 ー第二章ー@末広町 「鴨中華(醤油)」 04月21日
複数の大きな仕事がほぼ同時にケリがつき、なんとなく人生の転機を感じつつある、今日この頃……週末はなんとなく、秋葉原へ。ワイワイ楽しそうに語らいつつ、UDXから電気…
【新店】中華そば 龍の眼ー第二章ー@末広町「名店へのロードは何章ある?」 04月17日
「鴨中華そば(醤油)」 (850円)   末広町で2018年に開店した「中華そば 龍の眼 produced by 創作麺工房 鳴龍」が、半年足らずの2019年1月から全面リニューアル。プロデューサーの名を外しただけでなく、メニューも「鶏」と「鴨…

Ramenbuzz トップに戻る

about RamenBuzz

「今」話題のラーメン店の情報を発信する、を超えるラーメンブログ・サイトから情報を抽出・集計し、リアルタイムにランキングを提供するラーメンランキングWEBサイトです。各店の話題を取り上げているブログ・サイトへのリンクもしておりますので、話題のお店や、気になるあのお店についての生の声が効率的に入手できます。

RamenBuzzは「ラーメンバズ」とでも読んでください。RamenBuzz各ページへのリンクはどうぞご自由に。

ランキングはコロコロ変わるのが特徴で、集計に利用しているブログ・サイトの内容に左右されますので、普遍的な何かの指標には使わないことをお勧めいたします。

現在地周辺のラーメン店のランキングもご覧になれますので、スマートフォンからのアクセスもお待ちしています。